教育は自主的に、息抜きは必要

教育は、勉強に興味を持ち自分から進んで取り組める環境をつくってあげることだと考えます。
好きなもの、嫌いなものは、勿論あると思います。
まず、興味を持ったものは次から次へと疑問が出てくるはずです。
わからなければ調べたり、聞いたりして自分なりに理解しようとします。
夢中になる分だけ、かなり疲れることと思います。
そんな時には、息抜きとして勉強以外の自分が一番好きなことをするのが効果的だと感じます。
好きなことをやることによってリフレッシュでき、勉強にも集中して力が発揮できるのではないかと考えます。
教育は、無理やり勉強をさせることではなく、好きな分野の力を引き出してあげることだと思います。
また、やる気を出させてあげる環境をつくってあげることだと思います。
押しつけではなく、自主的に勉強のできる体制にしてあげることでもあります。
嫌なことはすぐに挫折してしまいますが、好きなことは継続することが可能であると考えます。
つまり、教育は強制ではなく自発的に行動する場所を息抜きを交え提供してあげることだと思います。

交通違反をして免許が失効してしまった
そんな時はできるだけ早く再取得をするのがおすすめです

免許切り替えのご相談はルーチェドライビングスクール

女性プロ講師による効果的な研修プラン

プロとしての意識を持って働こう
意識があるのとないのとでは大違いです!

詰め込み教育のメリットと弊害について

子供の教育に関して、常に話題にされるのが「詰め込み」と「ゆとり」です。
一見すると前者が悪で後者が善だと認識されがちです。
しかし、教育には必ず「詰め込み」の面があるので、「ゆとり」とのバランスをとることが大事なわけです。
詰め込み教育の弊害が問題になったのは、受験勉強にありますが、それが行き過ぎた点に原因があると言えます。
短期間で知識を暗記する能力は、仕事や生活の面でも求められる能力で、受験勉強は決して役に立たないものではありません。
また、想像力や創造力はちょっとしたキッカケを基にして発揮されるので、無駄な知識など無いと言えます。
加えて、学校体制において、生徒の学力を判断しやすいという理由で、詰め込み型が普及したわけです。
さらに、詰め込み教育には学習意欲が持続しにくいという面があります。
それ故、学習者自身が創意工夫して、モチベーションを高める必要があり、それが出来な生徒は脱落してしまうわけです。
それ故、学校側としては、脱落した生徒に対してフォローをする必要があると言えます。

最新投稿